1uma33

Cloud above the hill
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 ブログ再開しましたよ
 再開後はこっちで書いております。
 http://1uma.com/

 で、このJUGEMブログはTwitterの転載になります。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 教育のロードマップ | main | 文化の日に日本酒を楽しむ会 >>

社会起業家を目指す方へ。

社会起業家を目指す皆様向けのイベントのご案内です。

私も関わっているユース社会起業家研究所の
公開イベント(ワークショップ)が来月5日に行われます。

社会起業家って?
言葉だけは知っている方から、
すでにそれを目指して活動を行うとしているかた向けの
ワークショップです。


詳しくは、以下をご覧下さい。

***************************
  「ユース社会起業家研究所 出張ワークショップ」
     〜60畳の和室でお待ちしています!〜
***************************

開催日時:2006年11月5日(日) 10:00〜16:00
開催場所:エスポールみやぎ(宮城県青年会館)  60畳の和室(大広間)
     ※アクセスマップhttp://www.seinenkaikan.or.jp/map/index.htm
参加費:2,000円(昼食代込み)
定  員:60名(定員になり次第締切です)


【ワークショップに参加することで得られる効果】

「街が汚い!ゴミを少なく出来ないかなぁ・・・」
「もっと仙台を元気にしたい!みんなの笑顔が見たい!」
「子供の体力低下!もっと遊ぶ場所と機会があれば・・・」
「こんなサービスがあれば、もっと暮らしやすいんじゃないかなぁ・・・」

★今、身の周りで気になる人や、気になることはありませんか?あなたがあなたの街や社会に対して問題意識を持っているなら・・・
  ・自分の想いを事業やプロジェクトに組み立てていくことが出来ます。
  ・同じような問題意識を持っている人と出会えるかもしれません。
   そしてそこから新たなアクションが生まれてくるかも・・・

★今、既にアクションを起こしている人・・・
  ・活動のマンネリ化からの脱出!
  ・プロジェクトのレベルアップ!成果のあがるプロジェクトとは?
   「目からウロコ」が何枚も落ちること間違いなし!


【主な内容】
・社会起業家の視点や発想について学ぶ。
・自分の問題意識を事業(プロジェクト)にするポイントについて学ぶ。
・ワークシートを使って、事業プランを作成してみる。
・事業を伝える(プレゼンテーション)
・事業を評価してみる。
 など

※その他皆さんからワークショップで学びたいことやふれてほしい話題などがあれば是非教えてください。


【講師・ファシリテーター】
加藤哲夫(かとうてつお)氏
せんだい・みやぎNPOセンター 代表理事
ユース社会起業家研究所 所長

【講師略歴】
1949年福島県生まれ、1976年から1989年まで宝石貴金属卸業を営む。
1981年出版社「カタツムリ社」を設立、また1985年エコロジーショップ「ぐりん・ぴいす」を開店、1990年からはエイズ問題に積極的にかかわりHIV薬害訴訟を支援し、患者・感染者サポートの民間団体「東北HIVコミュニケーションズ」を設立した。
1997年には民設民営によるNPO支援センター「せんだい・みやぎNPOセンター」を設立し、1999年より代表理事に就いている。 

年間130回以上の行政職員研修、NPOマネジメント研修等、幅広いテーマの講演・ワークショップを行い、全国を飛び回っている。

 ○著書
 『加藤哲夫のブックニュース最前線』、『NPO その本質と可能性』、『市民の日本語』『一夜でわかる!「NPO」の作り方』、『NPOの本質とその経営とは』など多数


【主催の「ユース社会起業家研究所」とは?】
 2005年11月6日に仙台市内で開催されたワークショップ「あなたも社会起業家!」の受講者有志により、2006年1月、ワークショップのファシリテーターを務められた加藤哲夫氏を塾長とした「ユース社会起業家塾」を結成、2ヶ月に一度ワークショップを開催している。
 2006年9月には、参加者同士が共に学び、共に夢を形にしていくことを目指し、「ユース社会起業家研究所」に名称を変更した。所長には加藤哲夫氏が就任。


【参加申込み・お問合せ先】
ユース社会起業家研究所 事務局(担当:影浦)
TEL:090-7515-4929 FAX:022-291-7667
E-mail:vcf2006sendai@yahoo.co.jp

※研修会に参加ご希望の方は、E-mailにて次の内容を明記の上お申込みください。
―蚕雖∋疚将性別で齢タΧ鉢ε渡暖峭罩E-mailアドレス
┰蠡亜並膤慳召筌機璽ル名など)
セミナーに期待することやふれて欲しい話題などあればお書きください。

 ※お申込みの際ご記入いただいた個人情報に関しましては、
  本セミナーの受講者名簿の作成、セミナーに関するご連絡のみに
  使用いたします。
日記・出来事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://1uma.jugem.cc/trackback/510
この記事に対するトラックバック